シターラの「インド恵方巻き」

  • 2019.02.01 Friday
  • 18:35

2月3日の節分の日に恵方(今年は東北東)を向いて食べるとご利益があるという恵方巻き。

シターラでは、その恵方巻きを仏教発祥の地、インドをイメージして「インド恵方巻き(ベジ・ノンベジ)」を作りました。

 

ノンベジ恵方巻きは、中身に力の湧き出る香辛料とお肉がたっぷり入った 重ね蒸しご飯  (ビリヤニ)をモチモチの薄皮パン (ロマリローティー) で巻き上げました。

ベジ恵方巻きは 「精進御飯」 (ベジビリヤニ) をほうれん草が入った薄皮パン (ロマリローティー) で巻き上げ たヘルシーな一品です。

さらに、仏教にゆかりのある布やエキゾチックな インド 神々がプリントされた紙、 切れるまで手首に巻いておく インドのミサンガと言われる神聖な紐、 美しい音色の鈴など、 特別な品々で 一つ一つ手作りで 飾っております。

 

▲ノンベジ インド恵方巻き

 

▲ベジ インド恵方巻き

 

ビリヤニは元来インドではお祝い事など神聖な場面で出される料理で、バスマチライスをベースにいろいろな野菜や肉を入れた重ね蒸しご飯です。

 

ビリヤニのでの込んだ作り方は下記YouTubeチャンネルでご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=Q3zXiSI3KZM

 

●それではシターラの「インド恵方巻」が出来るまでをご紹介します。

 

▲まず、1枚分の生地を取ります。 通常のナーンよりも固めの生地です。 

 

▲生地を丸く均一に伸ばします。

 

▲伸ばしたら最後に空中で回し遠心力でさらに薄く伸ばします。 腕のみせどころ! 

 

▲伸ばし終わった生地を専用のインド製調理器具「タワ」で焼きます。

この専用器具でないと焼き上がりが上手くいかないほど大切なものです。

 

▲焼きムラがないように時折返して焼きます。焼きすぎないのがコツ

 

▲プレーンの薄皮パン (ロマリローティー)でチキンビリヤニを包みます。

 

▲ほうれん草の薄皮パン (ロマリローティー)で精進御飯(野菜ビリヤニ)を包みます。

 

▲完成した恵方巻きは ワックスペーパー で丁寧に包み、霊験あらたかな布でラッピング。

最後に、エキゾチックな絵柄の紙とインドのミサンガと言われている神聖な赤い紐など、特別な品々で飾っております。

 

 

 

このインド恵方巻きは下記店舗にてご提供いたします。

ご予約も受け付けておりますので、お近くのシターラまでお申し込みください。

 

□シターラ・ダイナー上野店

 JR 上野駅構内エキュート上野3 階/ TEL 03-5830-3158

 

□シターラ・ダイナー赤羽店

 JR 赤羽駅構内エキュート赤羽1 階/ TEL 03-3598-1525

 

□シターラ・ティアラ伊勢丹新宿本店 

 伊勢丹新宿本店 B1 / TEL 03-3353-4010

 

□シターラ・ティアラ日本橋本店 

 三越 日本橋本店 本館B1 / TEL 03-3272-7111

 

※恵方巻きを包んでいる布や包装紙はバリエーションがありますので、写真のものとは異なる場合がございます。